美容室もエステも苦手って、女子としてどーなの?

日々のこと

伸ばしていた髪を久しぶりのショートへ

profileのアバターのように、15年間くらいずっとショートヘアだった私。

コロナの感染が広まって、美容室へも足が遠のいてしまいました。

ショートヘアは月に一度はカットしてもらわないと、みっともなくなってしまうので、

ボブくらいにすれば多少髪が伸びても大丈夫かと思い、少しずつ伸ばしていました。

そのうち愛犬の体調が悪くなり、半分願掛けのような気持ちでカットできなくなってしまいました。

でも愛犬が亡くなったし、さっぱりしたくて美容室でショートボブに。

アバターの私よりはまだ少し長めですけど、襟足がスッキリして気持ちいい!

寄るな!触るな!的な?

実は私、美容室があまり好きではありません。

エステも、マッサージも私にとっては苦痛でしかありません。

人に何かをしてもらうのが苦手なのです。

シャンプー台では、「もっと力を抜いていいですよ。」なんて言われます。

エステもリラックスどころか、疲れてしまいます。

マッサージも同じです。

損してるな~と思うけど、そんな性分だから仕方がない。

美容室でのカットはお願いするしかないけれど

できるだけ短時間で済むように、予約は無し、シャンプーも無しで

カット料金1100円(税込み)のお店でカットしてもらいます。

それでも昔は普通の(?)美容室でカット&カラーをしていたけれど

美容師さんとお話するのも面倒くさいし、カラーの待ち時間を

じっとしているのも苦痛だし、とにかく時間がもったいない。

時間が無いのは、オットとキャンプを始めたせいなんだなぁ。

平日は仕事で、週末はキャンプ。

でかけない週末はやらなければならないことがてんこ盛り。

コロナ禍でキャンプ自粛中だし、ワンコはいなくなったから

時間が無い訳ではないけれど、やっぱり美容室に長居はしたくありません。

子供の頃から甘え下手

どうしてこうなったのか分かりませんが

小さい頃から「リホコちゃんはしっかりしていてお利口ね」

が私の周りからの評価でした。

私はお利口さんでいなければならないんだ!!

今思えば生真面目な私は必死でお利口さんを演じてきたような気がします。

だから人に甘えるなんてもっての外。

何でも自分で頑張って、いつも褒められる子供でいました。

小学5年生の父兄面談の時に、母が先生から言われたのは

「私達教師にも隙を見せない子です。」だそうです。

女の子としての将来に不安を感じた母は

中学から女子校に入れようと決意したようです。

まっ、お利口さんの部分はすっかり影を潜めてしまいましたが

根本的に人に甘えることは好きではありません。

できれば放っといて欲しい。構わないで欲しい。

別に協調性が無い訳ではなくて、人と群れることも大好きですが

甘え下手は死んでも治らない気がします。

損かもしれませんが、私にとってはその方が楽なのであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました